弁護士交通事故info

交通事故にあってしまったら


交通事故に関する法律相談は弁護士以外にもできます

交通事故に遭った場合、様々な法律問題が生じてきます。医療費、慰謝料等の損害賠償に関する問題です。この場合、相談先として真っ先に思い浮かぶのが法律の専門家である弁護士でしょう。しかし、弁護士へ相談するといった場合、その相談費用だけでも高額であることが多いようです。一般的には、30分5000円というのが相場です。また、弁護士というと敷居が高いと躊躇してしまう人も多いようです。以上のような理由から、気軽に相談できずに手遅れになってしまうケースも少なからずあるようです。では、このような事態を避けるためにはどのようにしたら良いでしょうか。この点、一般の人にはあまり認知されていませんが、司法書士という法律家にも相談できるのです。司法書士は、争いの額が140万円以下であれば訴訟代理人になれますし、140万円を超えても裁判所類の作成ができるのです。そして、相談費用も比較的安価である場合が多く、敷居も高くありません。したがって、交通事故に関する法律相談をしたい場合、司法書士への相談も検討されてみては如何でしょうか。

交通事故で弁護士に依頼することはある

交通事故を起こしたとき、お世話になるのは自動車保険です。車に乗る人ならばもしものためにとほとんどの人が加入しているでしょう。そんな保険ですが自分の加入しているものの内容をしっかり把握している人は以外と少ないものです。たとえば弁護士費用特約というもの。自分の保険にはついているでしょうか。通常の事故の場合、お互いの保険会社同士が交渉をしてくれるのですが、責任が10対0になるような完全なもらい事故の場合、被害者側の保険会社は動けないため自分自身で対応することになるようです。そんな時に役にたつのが弁護士費用特約。自分で対応するのが困難な時にこの特約を使って弁護士に依頼することができるのです。わかっているようでわかっていない保険。一度内容をよく確認して自分に必要なものとそうでないものをしっかり考えてみるといいかもしれませんね。

交通事故による弁護士からのアドバイス

いつもは慎重に運転していたのに、その日に限って、交通事故に遭遇してしまったということが、あるかもしれません。基本的には、事故に関わった当事者同士では、込み入った話にならずに自分が、お願いしている車の保険会社を通じて、事故について話し合うことになるかと思います。その際に、相手にケガを負わせてしまった場合ですが、相手側への誠意を見せることにより、お見舞いの品などをお届けします。ただし、これらのことで、満足するような人だけでないのが、現在社会であります。ありとあらゆる戦略を講じて、相手方に対して、損害を吹っかけてくる人もいるのが、今の日本の社会であります。大した事故ではないにもかかわらず、後遺症が出たと言って、病院に何か月も通い続ける人がいます。そんな時に相談したいのが、弁護士であります。法律に精通している弁護士からのアドバイスによりそのような言いがかりに対してもしっかりと対処できるからです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)